茶箱 かわいいを探せ!

かわいい和菓子・かわいいスイーツ・かわいい美術展・かわいい日本文化

かわいい花

「一期一会」 2017年6月中旬父の庭

6月になったのに梅雨晴れが続いていた頃に父の庭を訪れました。 朝に水をあげても、昼間3時ごろは土がかさかさでした。 来週からは本格的な梅雨がくる予報になっているので、水分をいっぱい補給してほしいです。花にとっては、水と日光が一番の御馳走です…

雨の日も元気な花たち 雨の日の過ごし方は?刺し子と刺繍はおススメ。

アジサイの時期になりました。 晴れた日にみるアジサイも美しいのですが、やはりアジサイは雨の滴がかかっているとさらに美しく見えます。 そろそろ梅雨に入りそうなので、雨にぬれたアジサイを楽しむことができそうです。 気分が重くなりがちな雨の日や梅雨…

「一期一会」 2017年5月中旬の父の庭 

5月も、もう中旬。ようやく父の庭に行ってきました。 2週間ばかり見ないだけでも、庭のお花たちはだいぶ変化していました。 紫色が強かった庭にピンクや黄色、白い花が増えていました。 あとは、全体的に高さのある花木が増えていました。 本当に季節の移り…

「新生活ブルー」に打ち勝つ!! 春(4月)の禅語『花枝自短長』

今月(4月)のお稽古で床の間にかかっていた掛軸は、 『花枝自短長』 かし おのずから たんちょう 文字を見て、読み方を聞いても、いまいちピンとこない禅語です。どんな意味なのかというと、 春は高い山の木々から地上の草花までを平等にあますことなくお…

地味な父の庭にも春の華やかさがやってきた 24節季「穀雨」

2017年4月20日は24節季の「穀雨(こくう)」になります。 田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ。穀雨とは、穀物の成長を助ける雨のことである。 [Wikipediaより] 穀物は身近にないのですが、父の庭も花盛りになってきました。 数週間…

季節 24節気:啓蟄(けいちつ) 花も虫も私も動き出す!

24節気:「啓蟄(けいちつ)」 2017年3月5日は、啓蟄(けいちつ)でした。 啓蟄(けいちつ)は、二十四節気の第3。二月節(旧暦1月後半から2月前半)。「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這…

12月 冬の茶花ってちょっとさみしい。

茶花は楽しみながら覚えていきたい。 ●椿シリーズ ●実シリーズ ●枝ものシリーズ ●その他花シリーズ 茶花に使いたい花たちです。実家の庭は父の作品なのですが、今は新しい家に合わせて造園中です。さらに、冬なので花も少なくさみしく感じます。その中でも、…

茶道 秋の茶花

秋明菊 藤袴(ピンク・白) 我が家(実家)の庭で父が育てている花。ちょっと地味だけど、かわいいです。この2つの花は『茶花』としてよく使われます。茶室に入るといきいきと「生」を感じるのが『茶花』です。 その時に野に咲いてるように生けるといわれま…