読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶箱 茶道★和菓子★展覧会 

茶箱の中は好きなモノでいっぱい!

茶道 裏千家 利休忌を控えて。

現代の茶道を大成したともいわれる千利休は天正19年(1591)2月28日自刃しました。 裏千家の家元では毎年3月28日、茶室「咄々斎」で茶家最大の行事・利休忌を開催します。 千利休に対するイメージは? [Wikipediaより] 茶道といえば、誰もが挙げる名前です。…

和菓子屋 東京 上野「桃林堂」 見た目が花霞ぽい

東京の上野公園や美術館巡りを楽しんだあとは、寄り道したいお店があります。 少し駅から離れている小さなお店ですが、喫茶スペースもあり抹茶も楽しめます。 お店:東京 上野 桃林堂 お店の上に変な生き物が・・・。 なんだろう? 南青山にもお店があります…

東京 目黒区にある「日本民藝館」 生活に取り込む美

日本民藝館(東京目黒区)に行ってきました。 行ったことがある人がみんな「おススメだよ~」と教えてくれるので、土曜日の散歩がてら行ってきました。 チケットもかわいい。 日本民藝館とは 混雑度:★★★★(★5満点 多いほど混んでます) 所要時間 お勧め度…

和菓子 名前(銘)をつける練習「青丹によし(あをによし)」

お道具・お菓子についている名前(銘)は、どのようにつけているのか気になっていました。 私は、見た目中心でなんとなくつけているのですが、それもなかなか難しいことです。 数年前に読んだ本の中で、京都の和菓子屋さん「塩芳軒(しおよしけん)」の現当…

和菓子屋 東京 銀座「HIGASHIYA(ヒガシヤ)」はオシャレすぎる。お店は南青山にもある!!

大人が楽しめる和菓子を販売している大人気のお店があります。 和菓子を和菓子そのものだけでなく、お店、ラッピング等トータルしておしゃれなものに仕上げた、東京らしいお店だな~と思います。 素敵な外観やお店が、和菓子への期待を高めてくれます。 お店…

茶道 茶会の着物 帯の締め方を練習

お客様として参加するお茶会でも、準備をするのが案外たいへんです。 準備のメインは着物です。 着る着物と小物を選ぶのも悩みますが、楽しいひと時です。 今回は、前から気になっていた帯の締め方も変えてみたのでけっこう練習をしました。 着物 今回は春を…

茶道 茶会の持ち物 風呂敷

大勢の人が来る茶会では、自分の荷物を小さくまとめておくことが必要になります。 そんな時に役立つのが「風呂敷」です。 茶会に参加するときの持ち物として忘れがちなのですが、必要なものです。 自分の荷物(ショールや道行(着物のコート)も)を風呂敷で…

東京 展覧会『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』楽茶碗の魅力

展覧会『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』に行ってきました。 歴代の楽茶碗が展示され東京で見られるということで、楽しみにしていました。 楽茶碗といえば、茶道の世界では「憧れのお茶碗」として名高いものです。 手捏ねで作られる暖かさ、ぼってりし…

和菓子屋 東京 南青山「まめ」で黒豆おはぎに驚く。

おしゃれな和菓子屋さんが増えている気がします。 和菓子は、ケーキといった華やかな洋菓子より 見た目が地味、シンプルな味、サイズは小さめ、お値段がちょっとお高め という印象がありますが、一方で、なにげにシンプルでおしゃれな感じがします。 東京南…

和菓子作り体験第2弾 ねりきり「佐保姫」と「麗らか」

和菓子作り(ねりきり)に再度体験しました。 時間と意欲に余裕がないとできないのですが、前回の反省を忘れないうちに体験しました。 前回はこちら。 www.pooh70.com 今回は、仕上がりのイメージを頭でふくらませて、実際に絵まで書いてスタートしました。 …

東京 展覧会 茶道の茶碗を知りつくす「茶碗の中の宇宙」「茶の湯」「茶の湯のうつわ和漢の世界」を予習

東京では、これから立て続けに茶道関連(お茶碗)の展覧会が続きます。 見逃さないように再確認しておきたいと思います。 お稽古仲間の間でも、お茶会の待ち時間でもみんな話題にしていましたので、「混雑するだろうな~。」と今から覚悟しています。 ★茶碗…

東京 展覧会『古唐津』 出光美術館で唐津焼の渋さを実感。

東京の出光美術館『古唐津 ―大いなるやきものの時代』に行ってきました。 茶道の世界では、唐津茶碗は「一楽二萩三唐津」と称されて名高いものとして知られています。 ちょっと地味な感じのする唐津焼ですが、この魅力がわかるような茶人になりたいと思って…

茶道 お茶会の持ち物 懐紙の種類と活用を紹介

久しぶりにお茶会に参加します。 たくさんの人が来るお茶会はちょっと苦手なんですが、今回は避けられませんので楽しんで来なくてはと思います。 お茶会の持ち物として必要なものが、新しい白い無地の懐紙の束です。 (私は裏千家なので、お稽古のときはちょ…

東京 展覧会 六本木国立新美術館『ミュシャ展』 絵画からあふれだす祖国への愛に感動

東京六本木でおこなわれている展覧会『ミュシャ展』に行ってきました。 素敵なポスターが有名なミュシャですが、今回は絵画の大作「スラヴ叙事詩」が20点揃って来日しています。 「スラヴ叙事詩」は、画家の祖国であるチェコ、プラハでのスラブ民族の栄光…

あんこの魅力

なかなか暖かくならない毎日にイライラします。 冬ものもう着たくないけれど、まだ寒いし・・・。 タイツもまだストッキングに変えられない・・・。 ホッカイロも買い足してしまいました。 夕飯はあったかクリームシチューを食べて、デザートは。 お汁粉 お…

茶箱(茶道)の展覧会 東京銀座で『赤木明登 茶の箱展』に偶然出会う。

『赤木明登 茶の箱展』を見ました。 東京の銀座をぶらっとしていて見つけた展覧会。 数年前に見た本『茶の箱』を見てから、こんな機会が訪れるなんて!! 赤木さんの茶箱を見られると興奮してしまいました。感動です。 赤木さんは、雑誌などでよくお見かけす…

禅 茶道のお稽古に役立つ「桃」にまつわる禅の言葉(禅語)。ただかわいいルックスだけではない。

七十二候にある、 ★「桃始華」 もも はじめて はなさく ★「桃始笑」 もも はじめて わらう という、あまりにもかわいらしい言葉に「桃」がさらに好きになりました。 まだまだ、この時期は花しか楽しめないけれど、早く桃の実を食べたくなります。 手で桃を食…

季節 24節気:啓蟄(けいちつ) 花も虫も私も動き出す!

24節気:「啓蟄(けいちつ)」 2017年3月5日は、啓蟄(けいちつ)でした。 啓蟄(けいちつ)は、二十四節気の第3。二月節(旧暦1月後半から2月前半)。「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這…

和菓子屋 東京青山「紅谷」と老舗「叶匠寿庵」 ひなまつりには2軒楽しむ

「ひなまつり」も終わってしまいました。 実家に帰っていたので両親と中年おばさんでひなまつりの和菓子を食べて、今年は物置で眠ったままの私のお雛様の写真を見て懐かしんできました。 食べた和菓子のお店は、東京青山にある「紅谷」と、滋賀県が本店の老…

和菓子作り体験 ねりきり「桃」と「いちご」に挑戦!!

和菓子を食べるたびに、自分でも作ってみたい気持ちが大きくなってきました。 挑戦したいのは、美しいねりきり! でも。 まったく作り方がわかりません。 しかも、私は料理は得意ではありません。 あと、立体的なデザインを考えるのが苦手です。 和菓子つく…

ひなまつりの準備 和菓子屋 東京銀座「甘楽(かんら)」の和菓子とインテリアの「貝合わせ」の香立て

「ひなかざり」って不思議です。 小さな頃は毎年、私の7段飾りのおひなさまを父が飾ってくれました。 実は、毎年見ていた自分の「ひなかざり」さえも、今でも「なんだかよくわからない道具やらなんやらが飾ってあるな~」ぐらいの印象しかありません。 (あ…

東京 展覧会 六本木国立新美術館の『草間彌生 わが永遠の魂』は混雑しそう。春休みは避けた方がいいかも。

東京六本木にある国立新美術館の展覧会『草間彌生 わが永遠の魂』に行ってきました。 草間彌生(くさまやよい)さんは、日本人の世界的に有名な芸術家です。 2016年世界で最も影響力がある100人(『タイム』誌)に選ばれています。 草間さんの水玉の絵…

和菓子屋 東京「虎屋(とらや)」のひなまつり和菓子。キティちゃんぽくてかわいい。

3月3日の「ひなまつり」が近づいてきました。 数十年前には、おひなさまを飾ってもらっていたのが懐かしいです。 我が家には子どもがいないので、ちょっと忘れがちなお節句ですが、少しでもひなまつりの雰囲気を味わって楽しみたいです。 お菓子:きんとん…

展覧会 東京六本木『コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス』サントリー美術館。クスっと笑えて心がなごみます。

展覧会『サントリー美術館新収蔵品 コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス 』に行ってきました。 つくづく「女子って、なんでこんなに陶磁器が好きなんだろうか?」と思います。 結婚前には、素敵な食器を買いそろえようと思い描き。 友達からの結婚…

和菓子屋 東京南青山にある創作性の高い「菊家」 山種美術館でも楽しめます。

「梅に鶯(うめにうぐいす)」はことわざとしても知られています。 【意味】 梅に鶯とは、取り合わせのよい二つのもの、よく似合って調和する二つのもののたとえ。仲のよい間柄のたとえ。 「 故事ことわざの辞典 」より ちょっと普段の生活では、使ったこと…

禅 茶道のお稽古に役立つ「梅」禅の言葉(禅語) とことん「梅」を満喫したい。

早くも2月も終わりに近づきました。 冬が去ってしまうのもさみしいような、春が待ち遠しいような ダウンコートを今期は卒業したいような、まだ着ていたいような。 複雑な乙女ごころが続いています。 町の中では、梅が見ごろです。 今年は寒暖の差が激しいた…

茶道 道具 極寒の「筒茶碗」と「大炉」で、おもてなしのこころをあらわす。 

以前、友人から、 「そんなに長く茶道のお稽古を続けていて飽きないの?そんなに習うことあるの?」 と聞かれました。 この質問に対して、すごくびっくりしたことを覚えています。 「まだまだ習ってないこともあるし、やったことのないお点前もあるし、使っ…

東京 展覧会 丸の内三菱一号館美術館「オルセーのナビ派展」はかわいいを連発!

東京の丸の内にある三菱一号館美術館の展覧会『オルセーのナビ派展 美の預言者たち ―ささやきとざわめき』に行ってきました。 日本では、印象派が大人気ですが、ナビ派はあまり馴染みがありません。 私も「ナビ派って何?」レベルですが・・・。 ただ、今ま…

和菓子屋 東京 銀座「大角玉屋」の苺大福は元祖?バブリー芸人の平野ノラさんも好きかな~?。

この時期、街を歩くたびに気になる苺大福。 今年は苺よりも、苺大福を食べている割合の方が多いかも。 同じようで、同じではない。 それぞれのお店の個性ある苺大福があります。 今回は、こんなにも人気のある苺大福の誕生を知ることになりました。 お菓子:…

SOU・SOU(ソウソウ)で楽しむ抹茶と和菓子。マリメッコで活躍した脇坂氏がデザイナー。

たまたま本屋さんで見つけた本です。 和菓子にも、デザインにも惹かれて購入しました。 SOU・SOU 京菓子あそび 和菓子になったテキスタイルデザイン 作者: SOU・SOU,亀屋良長 出版社/メーカー: 世界文化社 発売日: 2017/02/03 メディア: 単行本 この商品を含…

茶道 道具につけたい銘(名前) 2月「梅」と「鶯」

24節気(にじゅうしせっき)では、 2017年の2月18日は雨水(うすい)でした。 前日の17日の東京では、春嵐の春一番がふき、気温も20度近くまで上昇しました。 空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。草木が芽生え…

東京 展覧会 上野の東京都美術館『ティツィアーノとヴェネツィア派展』は大人のデートにいいかも。

東京、上野で開かれている展覧会『ティツィアーノとヴェネツィア派展』に行ってきました。 ティツィアーノ(1488/90~1576)とは、 16世紀ヴェネツィア派最大の画家で、ヨーロッパで人気を博した画家。 ダイナミックな構図と輝くような色彩を特…

和菓子屋 東京 神楽坂で見つけた「菓の子や」の大栗饅頭

大好きなフリーペーパー「メトロポリターナ」があります。 2月号の特集は「神楽坂」です。 ひと昔は、芸者さんの大人の街。という雰囲気がありましたが、最近は、若い女子のお散歩の街としても人気の町です。 昔ながらの日本文化が楽しめる雰囲気のある街で…

和菓子屋 東京湯島「つる瀬」 湯島天神の梅と一緒に楽しむふく梅は梅干し付き!

梅を楽しみたいのに。 寒さのせいか、梅の開花がいまいちな状況が続いています。 上野のロダンの「考える人」も悩んでる・・・。「咲かないな~」 なので、和菓子だけでも梅を楽しみたいと思います。 お店:つる瀬 お菓子:ふく梅 食べてみる おススメ度:★★…

和菓子屋 東京 日本橋「うさぎや」の有名などら焼きと生菓子

なかなか買いに行けないお店ってありますよね。 休日がお休みだったり、夕方には売り切れてしまったり・・・。 入手困難な和菓子のためには、風が冷たかろうとがんばります。 お店:うさぎや 日本橋 お菓子:どらやき 食べてみる おススメ度:★★★★(★5満点…

若手の魅力あふれる「現代の茶陶 利休にみせたいッ!」茨城県陶芸美術館

『現代の茶陶 利休にみせたいッ!』を見てきました。 ビビットな茶道具が写った展覧会のチラシに一目ぼれしました。 ぜひ、見てみたい!と楽しみにしていた展覧会です。 展覧会の基本情報 混雑度:★★(5満点中・★が多いほど混んでます) お勧め度:★★★★★(…

和菓子屋 東京 日本橋老舗の「榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)」の日本橋まんじゅうに癒される。

毎日風が冷たいし、寒いし・・・。 土曜日が祝日で「くやし~」と感じた週末。 ふ~~と落ち着きたい日には、 見た目も、味も、優しい和菓子に癒されたいです。 お店:東京 日本橋の榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ) お菓子:日本橋まんじゅう 林檎あん…

茨城県水戸市「偕楽園」で梅を見ながら食べたい。亀印製菓の和菓子「吉原殿中」

茨城県で購入した和菓子、よくお土産でもらう商品です。 茨城県(水戸藩)といえば、日本三名園の「偕楽園」があります。 梅の名所です。 茨城県水戸市の名物というこの和菓子。 この2月の梅の時期にぴったりの和菓子です。 お菓子:吉原殿中(よしわらでん…

北大路魯山人の元自宅「春風萬里荘」(しゅんぷうばんりそう)で、抹茶と和菓子を楽しむ(茨城県笠間市)

茨城県笠間市にある『春風萬里荘』(しゅんぷうばんりそう)に行ってきました。 ここは笠間日動美術館の分館となっています。 (笠間日動美術館は車で10分ぐらい離れています。) 高台にある見晴らしのよい場所にありました。 石庭を見ながら、のんびり抹…

和菓子屋 東京 錦糸町「北斎茶房」と日本橋高島屋「AUDREY」(オードリー)”苺”対決!

苺の和菓子といえば、 「苺大福」 昭和の後期に生み出されたという、和菓子にしては新人さんなんですが、今や春の定番商品になっています。 ”苺”と”あんこ”と”もち”のコラボレーション。 最初の衝撃は大きかったですが・・・。 苺のみずみずしさが、あんこの…

和菓子屋 銀座の名店「空也」(くうや)の新ブランド「空いろ」(東京品川)。季節限定の和菓子はチョコレートあんこクッキー。

苺がおいしい時期ですね。赤くてツブツブがついた、かわいいルックスの苺は女子たちの人気者です。 味も、ただ甘いだけではなく、かすかなすっぱさ、みずみずしさを感じることができるのも苺の魅力です。 和菓子の世界でも苺は大活躍しています。 お店:空い…

禅 茶道のお稽古に役立つ禅の言葉(禅語) 「春」に「花」に恋する2月 

今日は公園で、北風ふく寒いなか「春」「花」を探してみましたが・・・。 公園は一面、茶色の世界でした。 茶花も見つからないな~と思いながら、 よくよく探していると、確実に活動を始めている花、草、実をあちこちで見つけることができました。 そして、…

常磐高速道路の友部SA(サービスエリア)の和菓子。きくちの「栗あわせ」

週末になるとドライブに行きたくなります。 暖かい車で移動して、日帰り旅です。 今回のドライブでは、常磐高速道路をつかってみました。 東京では出会えない和菓子に巡りあえるかな~? 菓子:栗どころ お店:きくち 食べてみる 友部SA(サービスエリア)…

和菓子屋 東京 深川不動尊「梅花亭」の梅もなかは立春を感じる和菓子。

立春 暦の上では春がきました。 まだまだ寒い日は続きますが、気分だけは春を感じるため梅の形の和菓子を食べました。 お店:梅花亭 お菓子:梅もなか 食べてみる ”梅”にちなんだ一句を詠む おススメ度:★★★(★5満点) 富岡八幡宮の御朱印 お店:梅花亭 写…

節分は東京製菓学校の創作和菓子を楽しんだ。若者の感性に感動の中年夫婦。

私の節分は、夕方に一人豆まきをします。小さな声で『鬼は外』『福は内』もつぶやきます。そして、自分のまいた豆を掃除して終了です。かなしい~~。 その後は、テレビを見ながら自分の年齢の数だけ”豆”を食べます。 年々増えていく豆の数が苦しくなってき…

和菓子屋 京都 「豆政」の節分に福を招く和菓子

銀座の三越で、すごい和菓子の袋を発見しました。 京都にある「豆政」(まめまさ)というお店のものです。 まずは、お面つきの袋に惹かれました。 もうひとつ『鬼』のお面もありました。 実は、鬼の方がかわいくて気に入ったのですが、 節分のあともラッキー…

東京 展覧会 五島美術館所蔵の茶道の道具がそろう「茶道具取合せ展」は名品ぞろい

茶道の展覧会『茶道具取合せ展』に行ってきました。 五島美術館の所蔵しているお道具が見られるので楽しみに出かけました。 展覧会の基本情報 混雑度:★5満点中(多いほど混んでます)★★ 所要時間 お勧め度:★★★(★5満点中) 展覧会の内容 家に持って帰り…

和菓子「杵つきお餅バー」は、日本のスグレモノを集めている”日本百貨店”で買えた。

ねぇ~~アイス食べる? あれ?ぷにぷにするよ。これ何?? 驚きのルックスの和菓子。お餅バーを紹介します。 お菓子:杵つきお餅バー 見た目がとにかくキュートです。 想像したことのない、お餅の形にびっくりします。 包みの上からでも、お餅のぷにぷに感…

東京 展覧会 汐留『マティスとルオー展 手紙が明かす二人の秘密』。互いの健康を心配をするマティスとルオーがいた。

東京汐留にあるパナソニック汐留ミュージアムで『マティスとルオー展 手紙が明かす二人の秘密』に見てきました。 マティスとルオー。 二人の絵には、共通するところがない気がするけれど・・・。 仲良しだったのかな?と思いながら見に行きました。 展覧会の…

和菓子屋 東京 谷中銀座近く日暮里「江戸うさぎ」で妖怪に出会う。

怖い?かわいい? 口を大きく開けて、小さな目がこちらを見ています。 お店:江戸うさぎ JR日暮里駅ちかくにある和菓子屋さんです。 話題の谷中銀座とは線路はさんで反対側にあり、駅からは歩いて5分ぐらいで行けます。 谷中銀座までも15分ぐらいです。…